夏休み3日目

雨の音で目が覚める

今回の旅行は荷物を少なくするため、キャンプ用のエアマットを持ってきていなかった。

何となく体が痛く睡眠が浅かったこともあり、朝方うつらうつらしていると雨の音がしていることに気づく。

「なぜ?昨日スマホちゃんはこの辺の天気は”ハレときどきクモリ”っていってたじゃん!」

改めて検索すると昨日の表示が無かったかのように”クモリ”の表示。

まぁこれもまた人生かとあきらめてコーヒーを飲んだ。

 

しばらくすると雨もやんできた。

海岸にいることを思い出し散歩に出かける。

 

波の音が心地よい。

目の前には広い海。

視界に入る人の数は3人ほど。

これで晴れたら天国だなと確信し、自分の運に賭けることにした。

 

 

強運

やっぱり日ごろの行いはモノを言う。

10時ごろ急速に晴れてきた。急いで(急がなくてもいいんだけど)着替えるとともにクーラーボックスにビールを詰めなおして海岸へ。

波打ち際に着くと半径200M程の範囲に誰もいない。

目の前には青い海。

空からは強い日差し。

こんなパラダイスが日本にあるんだなぁと感激。

そうそうにビールを開けた。

 

海を眺めながらビールを飲んでいると気づいたことがある。

肩から背中にかけてと足の全面が痛い。

日本海側だからこその焼け方だった。

 

体が熱くなり冷やすために海に入ると、

「何て幸せなんだろう!」と実感する。

晴れた日に波打ち際で遠慮なくビールが飲めて帰らなくていいことが開放感を増幅してくれた。

 

3時間ほど過ごしたあと、酔いも回ってきたし日焼けも危ないかと思い、そうそうに退散する。

管理棟で水を浴びて潮を洗い流すと心地よい。

後片付けを簡単にすましてタープの下で午睡を楽しんだ。

 

 

体力が回復したところで夕飯に。

今日は買い出しに行かないよう、昨日のうちに購入した有り合わせのもので済ませる。

昼間あれだけ飲んだのに焼酎の水割りがおいしくて何杯飲んだだろう。

心地よさに包まれた時間だった。

 

このキャンプ場、幹線道路に近いこととJRの路線が近いこともあって貨物列車が多く通るため、自然の中にドップリといった感じではなかった。

ただ夜になったときにランタンに集まる虫が少なかったのがある意味良かった気がする。

 

ヒグラシの鳴き声が心地よい。