カタルーニャ州の独立について

チョロっと流れてくるこのニュース。

随分思い切ったことをしたもんだと思う。

 

想像するに、住民からの要望が強くて州政府側がそれに乗らざるを得なかったのだろうと思うけど、州首相はなんとしてでも止めるべきだったのではないのかなぁと考える。

住民は盛り上がっているから住民投票で勝てばOKみたいなノリのところがあると思うけど、州知事は政治家なのだから、この結果がどういうことになるのかは身に染みて分かっているはずなのに。

 

この話は、おそらくイギリスのブレグジット以上の結末をもたらすことになりかねない予感がする。

そこまではないだろうけど、中国の天安門事件を想像してしまった。

 

 

州民は自分たちのアイデンティティが守られた感があるのだろうけど、国にしてみればイデオロギーが壊されることは、国としてのアイデンティティを喪失してしまうことにつながると考えているはずで、徹底した弾圧を始めるはず。

州民がやっていることは、少し前の時代なら内乱と捉えられて反逆罪で裁かれる行為だという認識がないように見えるのが怖いところ(マスコミの報道の仕方によるのだろうけど)。

 

 

ただ、このアイデンティティやつはやっかいで、それでも蜂起することが正義だと勘違いして内乱に進んでいくのが過去に繰り返された事実。

 

 

最悪の事態にならなければいいけど。

スバルでも検査員問題

たぶん、この手のコトって自動車業界に限らず、いろいろな業界に広く存在していることなのだと思う。

 

ルール上ダメとされているけれども、運用上「まぁいいか」みたいなところがあって、これを許せないと感じる人がリークしたのが、今回の一連の出来事の始まりのような気がする。

 

別にそれを良しとしているわけではないけれど、現状を改めて考え直す転機となればいいなぁって。

 

 

そもそも車検って、人の五感で判断するものと機械で測定した結果で判断するものに分かれていたはず。

この五感の部分においては、検査員が有資格者であることに意味を見出すことはできるけれども、機械測定の部分に関しては検査数値が正常範囲に収まっているかどうかの判断なのだから検査員が有資格者である必要性がないはず。

一部報道による日産の件では、機械測定の結果について有資格者が判断していなかったということだった。

この報道が事実なのであれば、この数値確認に検査員の資格の有無を問う仕組みがおかしいし、それを是認するのであれば機械測定の結果の信ぴょう性を疑わざるを得ないことになるはず。

 

結果的にこの件についてツッコミすぎると、誰もが喜べない事態に陥ってしまうような・・・

 

 

しかし、このどうでもいいようなこと(怒られるか?)の代償に、スバルでリコール30万台だって。

 

これじゃ、給料上げられないよ。

「iPhone X」の予約に25分かかった

ようやく予約終了。

 

予約開始と同時に入力始めて、トントン拍子に進んだので楽勝~と思ったのもつかの間。

確認画面ではじかれた。

 

その後は20分余り繋がらないまま。

 

16:24あたりで再度繋がって予約完了。

 

ID使った予約だから入力項目少ないにも関わらず時間かかったなぁ。

 

 

確認メールも届いたので、とりあえず一安心。

 

でも時間かかったので、発売日に手に入れるのは難しいかな。

 

でも、チョットウレシイ。

理解は感情を抑制できるのか?

「頭の中では、分かってるんだけど、何て言うか胸のこの辺がモヤモヤして」なんて表現に出会ったことが何度かある。

 

個人的に、この感覚が良く分からない。

イヤ、分からないでもないから、どこかで同じ感覚に襲われたことがあるのかも。

過去の経験からかも知れない。

でも、このモヤモヤ状態って理解しているけど納得できない状態のことを指すのだろうけど、これって理解していないのでは?というのがワタシの見解。

 

 

 言葉が進化した場合感情がなくなるのでは?と昨日の記事にも書いたけど、言葉で他者との相互理解ができるようになった場合、納得はできなくても理解ができるのであればリスクが無くなるので「誰か」に対する恐れが無くなるはず。

と、いうことは「恐れ」がなくなるのならば「喜び」も無くなるのではとも考えられる?

 

でも、ダメか!

「誰か」が「私」を殺したいと考えていたならば、理解ができても恐れは生まれてしまうか。

対人関係から発生した殺したい願望は無くなるかもしれないけど、興味から発生した殺したい願望は無くならないから、それに対応した「恐れ」は必要だよね。

 

そうか、理解が感情を抑制できる条件として対人関係上と定義すれば、当てはめることができるのではないかなぁ?

 

あれ?自己顕示欲って他者がいるから生まれる欲求だろうけど、あれって欲求もしくは欲望なのかなぁ?欲って漢字を使うけど、あれは感情なのではないかなぁ?

そうだとすれば、他者の理解をしても対人関係上の感情は生まれてしまうのか・・・

 

欲と感情は違うと思うのだけど?

食べる行為に感情は無いし。

 

 

どうでもいいことだけど。

 

百年シリーズの言葉を借りれば、「定義があいまいだ」なのかな。

だから思考の道筋がつけられないのだろうと思う。

『ペガサスの解は虚栄か?』を読んでみた

何年も前のこと。

「人間にとって感情って必要なのかな?喜怒哀楽でいえば少なくとも怒と哀は無くてもいいと思うんだけど・・・」

と、誰かと議論した記憶がある。

その議論の行きついた先を覚えていないんだけど、個人的に納得できなかった記憶だけが残っていた。

 

さっき、グーグル先生に同じことを聞いてみた。

すると、同じようなことを考えている人がいることが分かって、少しだけ嬉しくなった。

「こんな変なこと考える人が他にもいるんだなぁ」って。

その質問の回答の中に、感情は生命の維持に必要な原始的な要素から派生したと表した記事があって、

「あぁ、なるほど」と思った。

人にとっての不快なものって、生命維持になんらかの障害になりうるものに対してだろうし、その反対は障害から遠ざかった状態なのかなって。

 

この感情ってものは人間(もしくは人間と称されるあたりにおける進化の過程での生命体)が社会生活を営む術を覚えて行く中で、言語を習得する前において必要な能力(コミュニケーション)として進化(もしくは深化)させてきたのもかと考えてみた。

そう考えれば怒も哀も社会生活を営む上では必要なものだと理解できる。

だとすると裏を返せば、言葉が進化することによって、感情はいらなくなる可能性もあるってことか?

 

 

学習そして思考が深化することによって感情が生まれたのならば、小説ではあるけれども考えうる一つの未来の形なのかもしれないと思わされた一冊だった。

 

 

この本は、著者の森博嗣さんの過去の作品では見られなかった表現があって驚かされた一冊だった。

個人的にはいい表現だなと感じた部分があったのだけど、いままで著者があまり使ってこなかった表現だったので、もしかしたら読者サービス(本を売るための技法)の一端なのかもと勘ぐってしまった。

 

 

でも、おもしろかったなぁ。

希望の党の失速について

衆議院議員選挙が終わってみれば、あれだけ勢いのあった希望の党の失速が鮮明となった。

希望の党から新人として(前・元議員ではなくということ)立候補した人で当選した人って何人いるんだろう?

 

失速の原因として、民進党のリベラル派と称される人たちを「排除」という言葉を使って公認しなかったことと、自らが立候補しなかったことが挙げられている。

「排除」の言葉を初めて聞いた時に、「随分ときつめの言葉を使うんだなぁ」と感じたけれど、「まぁ当然だろうな」と思った。

だけど、この「排除」の言葉に随分と噛みついた人たちがたくさんいて、そのことに驚かされた。

 

そもそも民進党がうまく回っていなかったのは、ベクトルの違う人たちが無理をして一緒にいたからなので、その原因を引き継いでしまったら、折角新党を作った意味が台無しになってしまうはず。

全員を公認してくれと言うこと自体おかしいし、公認を期待していた当時の現職の矜持の無さにも幻滅する。

 

その後、それではってことで立憲民主党ができたけれど、枝野さんがそれを宣言したときは「遅きに失した」と感じていた。

本来なら、民進党の前原さんが希望の党と合流するといったときに、「そんなのありえない。だったら独立する」と言って立憲民主党を立ち上げたのならば当然だろうなと思うけど、「排除」の言葉によってあぶれて行き場を失った議員を救うために立ち上げた政党にしか見えなったから(事実そうだろうけど)、今さら新党立ち上げても遅いでしょうと。

 

なので、都議選の勢いからしてみても希望の党はそこそこ伸びるのでは?と感じていた。

 

これがフタを開けてビックリ。「排除」の言葉に有権者が反発したのか、希望の党が全然ダメで新人がほとんど当選していなかった。

これでは「元民進反リベラル党」と名付けても通ってしまうのではないかというような情勢に。

結果的には旧民進党が分裂して、新しい政党ではなく新しい名前の政党が2つできただけとなってしまった(あるべき姿になったと言えなくもないけど)。

 

今回のこの選挙で一番不思議なのは、有権者は何を求めていたのだろう?ということ。

都議選の時にはあんなに熱狂していたのに、同じ東京でまったく別の結果がわずか数か月で出るとは驚かされる。

しかも、小池さんとしては表現の良し悪しはあったにせよ、当然の判断を下したのであって、そんなに驚くことでも無かったはず。

もし本当に「排除」の言葉が良くなかったのであれば、選挙って何?と考え直す必要がある気がする。

 

ただ、あくまでも個人的には、今回のこの結果は「良かった」と感じているところ。

決して現与党が良いとは思わないけど、それ以外はあり得ないと感じていたから。

 

まぁ都民でないからどうでもいいけど。

成功体験が邪魔をする

「あぁ、なんかうまくいかないなぁ」って時が良くある。

そんなとき、何となく卑屈になって、自分だけが世間から取り残されたような感覚に囚われたり。

 

 自分が何か行動をするときって、その行動の先に得るものがある(ような気がする?)からであって、何もないと分かっていながら行動することってないんじゃないかなぁ。

 

その、得ることができるかもって判断は、多くの場合過去の経験則に則っていると考えられるので、今の自分の判断は過去に自分が体験した結果とその量に支配されているのではないかと。

 

だけど、「あれ?こんなはずじゃ!」ということになってしまうことも多々ある。

「あの時はこれでよかったのに」って。

 

これを「運」で済ましてきたなって、さっき気が付いた。

 

うまく行かないことを「運」のせいにすることで、自分を正当化してきたんだって。

 

過去の成功体験がうまくいかないのは、今を形成するパラメタが過去のパラメタと違うから、その修正が必要なことに今さら気が付いた。